" なの花 子どもの家 " は

モンテッソーリメソッドによる

保育園です


子どもが自分で選ぶ活動を通して

平和に生きる力を育てます。


美味しい給食・延長保育

一時預かり・文庫活動・子育て支援

モンテッソーリ親子保育


子ども達と生きる皆様を

共に応援します🌼


「乙村式にんにく」を手がける乙村隆文さんが、いろいろなゲストを招くトーク番組「乙村式★応援チャンネル~みんな違ってみんないい~」。
なの花子どもの家藤田園長がゲストに招かれ、レギュラーゲストの落水洋介さん、乙村さんと、なの花 子どもの家の魅力についてトークしました。

 

◇おもやいファーム「乙村式にんにく」

http://omoyai.co.jp/farm/

 

◇100万人に1人の難病と生きる落水洋介さん

https://www.ochimizuyousuke.com

 

☆お知らせ☆


武田康男先生の

  「いのちのお話会」

829日は園内研修、また、どなたでもご参加いただけるくすくす広場として、「いのち」という深いテーマについて、武田康男先生にお話をしていただきました。


武田康男先生は歯科医師として、様々なご家族に関わられ、長年、グリーフケア(悲嘆、喪失を経験した方への寄り添い)もされてらっしゃいます。


まず最初は、参加者のみなさんと一緒に「いのちとは何でしょう」と考えてみました。

 

そして、武田先生が関わってこられたご家族のお話から、「いのち」の多様性について考える時間となりました。

 


どんなご家族にも誕生の祝福をされ、前でも後ろでもなく、横で寄り添うということ、ずっと優しい語り口でお話してくださいました。


参加された方からは、


「いのちの祝福を想うと、保育従事者として、成長のお手伝いをさせていただいていると謙虚にならざるを得ません」


「人は誰しも無力で生まれ、無力で終わる、その無力と無力の間がいのちであるという武田先生のお話から、無力だからこその人との関わりが、モンテッソーリ教育の必要性に繋がりました」


「無力だけど希望をもつ大切さを感じた」


「わが子と共に同じ時間を過ごせる尊さを改めて感じた」


など、たくさんの感想が寄せられました。


音楽担当の先生のピアノ伴奏で職員全員で「なの花子どもの家の歌」を歌ったり、お花のアレジメントを飾ったり、お話会の後には、園で畑で育てたスイカをみなさんに食べていただいたり、武田先生と参加者の皆さんを職員全員でお迎えした会でした。


お子さん連れで参加された方から、「職員さんがまず最初に子どもに挨拶をしてくれて、ぐずることが多い子どもが、最後まで武田先生のお話を一緒に聞けました。園の雰囲気が穏やかであたたかく、子どもを通わせたいと思いました。」との感想をいただきました。


写真は、武田先生がご紹介くださったマザーテレサの言葉です。

あそびにきてくださいね☆ 

参加ご希望の方は、お電話でお申し込みくださいませ♡ 

おまちしています!

 

詳しくはFBをご覧下さい。

日頃の保育の様子もご紹介して

います。

 

 

どうぞ接続してみてくださいね🌼


なの花 子どもの家

 〒807-1154 

  北九州市八幡西区楠北3丁目5-15

筑豊電鉄香月駅 徒歩6分

駐車場完備

 TEL : 093-618-7087 / FAX : 093-618-7187

 E-mail

 : nanohana-kodomo-fujita@seiunkai.org